塾に行きたがらない子どもの原因は?対処法についても解説

  • LINEで質問

個別指導学院
ヒーローズコラム

親が通わせやすい! 生徒が通いやすい! だから成績が上がります!

個別指導学院ヒーローズコラム

塾内の様子 2021.12.08

塾に行きたがらない子どもの原因は?対処法についても解説

Twitter Facebook hatena pocket
塾に行きたがらない子どもの原因は?対処法についても解説

目次

子どもが塾に行きたがらなくて困っている保護者の方は多いのではないでしょうか。この記事では、なぜ子どもが塾に行きたがらないのか、その原因について解説します。また、保護者ができる具体的な対処法についても取り上げているため、ぜひ参考にしてください。

 

子どもが塾に行きたがらない原因は?

子どもが塾に行きたがらない原因はさまざまです。ここでは、主な原因について解説します。自身のお子さんに当てはまっているものがないか確認してみてください。

 

部活や習い事が忙しい

部活動や習い事をしていると、平日はもちろん場合によっては週末も活動があり、塾に通う時間を確保することが難しくなります。また、塾に行くために部活動を途中で抜けることを嫌がる子どももいるでしょう。そのほかにも、部活動や習い事で疲れてしまい、塾に行く気力や体力がなくなっている可能性も考えられます。

 

勉強が好きではない

勉強がそもそも好きではない、という子どもの場合塾に行きたがらないと考えられます。このような場合、なぜ勉強が嫌いなのか、原因を深掘りする必要があるでしょう。また、場合によってはお子さんのレベルにあった塾への変更なども検討するべきです。

 

授業のスピードや難易度が合わない

塾の授業スピードや難易度が子どもにあっていないと、授業についていけず塾が辛いものとなるため、行きたくなくなります。逆に、すでに理解できている範囲を扱っている場合、子どもにとっては退屈な時間となるため、やはり塾に行きたくなくなると考えられます。

 

講師や指導形態が合わない

塾の講師や指導形態が子どもにあっていないと、塾が辛いもの、楽しくないものとなってしまいます。例えば、講師の教え方が厳しくて自分にあっていない、集団授業でなかなか質問ができず、わからない部分が解消されないといったイメージです。特に講師との相性は子どものモチベーションにも大きく影響するため注意しなければなりません。

 

他の生徒との関係がうまくいっていない

塾の他の生徒との人間関係がうまくいっていない場合も、塾に行きたがらなくなります。塾で生徒のグループができあがっていて、なかなか輪に入ることができない、苦手な生徒がいる、となると塾への足は遠のいてしまいます。人間関係については、なかなか保護者に話さない子どもも多いため、把握が難しいでしょう。

 

子どもが塾に行きたがらない時の対処法

ここでは、子どもが塾に行きたがらないときに保護者ができる対処法について解説します。特別なことをするわけではないため、ぜひ参考にしてください。

 

塾に通う理由を確認する

子どもが塾に行きたがらない場合、改めて「なぜ塾に行くのか」その理由を確認してみてください。例えば、志望校に合格するため、将来の夢を叶えるため、など勉強することのメリットをはっきりと認識できれば、お子さんもモチベーションが上がり、塾に通おうと思うかもしれません。お子さんが具体的な夢や目標を持っている場合、それらに関連づけて塾や勉強の重要性を話してみてください。

 

インセンティブをつける

子どものモチベーションが低下し、塾に行く気をなくしている場合、インセンティブをつけることも1つの方法です。例えば、塾の模試で●点以上とったらほしいものを買ってあげるといったイメージです。インセンティブをつける場合は、明確な目標を定め、目標達成の期限を設定する必要があります。また、常にインセンティブをつけていると、それがないと行動を起こさなくなる恐れもあるため、回数を限定するなどしてみてもよいでしょう。

 

塾以外の方法を検討する

学校外で勉強できるのは塾だけではないため、別の方法を検討することも選択肢となります。具体的には、通信教材や家庭教師、オンライン塾などがあげられます。これらの方法は、自己管理が出来ている事が一つの条件とはなりますが、すべて自宅で勉強ができるため、スケジュールの調整もしやすい点が特徴です。

 

塾を変更する

講師との相性が悪い、人間関係がうまくいっていない、授業形態があっていないといった場合は、塾の変更も1つの方法です。「せっかく入った塾なのに」「どんな状況でも最後までやりきってほしい」と思う人もいるかもしれませんが、トラブルや悩みを抱えた状態では勉強に集中できず、子どもにとっては辛いだけです。むしろ、塾を変えて自分にあった環境で勉強できれば、勉強にも集中しやすくなるため、成績アップにもつながる可能性があります。一方で子どもと親とでは意見が違う可能性もありますので、一度時間を取ってよく話し合われるのが望ましいです。

 

個別指導塾も選択肢になる

塾を変更する場合、集団塾から個別指導塾へと切り替えることもおすすめです。個別指導塾であれば、生徒一人ひとりの状況やニーズに応じたカリキュラムを提供してくれるため、授業についていけない、スピードが早い、質問ができないといった心配がありません。

 

ヒーローズでは、事前に学習相談面談を行い、生徒さんの学習状況を踏まえたカリキュラムを作成しています。また、スケジュール調整も行いやすく、部活動や習い事と並行して自分のペースで勉強に取り組める点も特徴です。1コマ1,000円という低価格であるため、塾の変更に伴う出費も他の塾に比べて抑えられます。

 

子どもが塾に行きたがらなくて困っている保護者の方は、ぜひヒーローズの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

今回は、子どもが塾に行きたがらない原因と、対処法について解説しました。塾に行きたくなくなる原因は、部活動の忙しさや人間関係、勉強嫌い、講師との相性などさまざまです。子どもが塾に行きたくないようであれば、まずは塾に通う必要性を話し合い、必要に応じて塾の変更などを検討してください。また集団塾に通っているお子さんであれば、ヒーローズのような個別指導塾への変更もおすすめです。

Twitter Facebook hatena pocket

お電話・webからのお問い合わせはこちらから!

個別指導塾×低価格×成績アップなら
ヒーローズ。

小学生・中学生・高校生まで幅広く対応。
まずはお気軽にご相談ください。

ページトップへ